<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>

ベネリ M4 スーペル90

<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>



メーカー CAW
商品名 CAW M4 ハンター エアコッキングショットガン
型 番 CAW-AS0121
定 価 39,800 円
売 価 33,432 円
※この商品は未成年の方は購入できません

ベネリ M4 スーペル90(Benelli M4 Super 90)は、イタリアはベネリ社製の散弾銃。
1998年5月4日に12ゲージの弾薬を使用する軍用セミオートマティック散弾銃をアメリカ軍が求め、これにベネリが応じて5挺の試作品を8月4日に提供した。競合する他の散弾銃を抑え、1999年にM1014として採用、初期の2万挺がアメリカ海兵隊に同年供給された。なお、統合運用コンバットショットガンということになっているが、海兵隊以外では運用されていない模様。
M3までの反動利用式(イナーシャシステム)からガス圧利用式(A.R.G.O.(Auto Regulating Gas Operated:ガス圧自動調節)システム)へと作動方式が大きく変化している。これはM3が警察用だったのに対しM4は軍用であるためである。また、ポンプアクション機能も省かれている。



人気の欲しいおもちゃを楽天で安く手に入れる。

FN P90

<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>



メーカー 東京マルイ
商品名 P-90
型 番 84
定 価 31,290 円
売 価 18,149 円
※この商品は未成年の方は購入できません

エレクトリック・ドットサイト標準装備!
レシーバートップのマガジンには、リアルなダミーカートリッジを再現し、雰囲気抜群です。
対応バッテリー ミニタイプ
こちらの商品は銃本体+標準マガジンのみとなります。
ご利用の際は別途バッテリー・充電器等をご用意ください。
※専用ドットサイトに単4乾電池2本使用

FN P90(えふえぬ ぴーきゅうじゅう)は、ベルギーのFN社が開発したPDW。人間工学に基づく、従来にない斬新なデザインをしていることが特徴である。

P90(プロジェクト90)はサブマシンガンとは違い、既存の拳銃弾を使用せず、小型化されたライフル弾のような形状の専用の銃弾を使用する新しい形態の銃器であるため、当初は「PDW(Personal Defence Weapon:個人防衛兵器)」というカテゴリーで発表された。FN社の運用思想としては、機械化部隊や後方部隊などの、制圧任務には従事せず、威力はあるものの長くて重い自動小銃等の携帯を必ずとも必要としない隊員が、敵部隊による後方浸透時の破壊活動などに対応する為に携行する軽便で強力な火器として提案され、1980年代末に開発された。しかし冷戦が終結すると自衛火器の需要は減少し、反面対テロ戦争が増加してCQBに適した銃の需要が高まり、またPDWという概念が浸透しなかった為、近年ではサブマシンガンの一種として分類されている。
銃の構造は、機関部がグリップおよびトリガーよりも後方に位置するブルパップ方式であり、コンパクトな全長に比べて銃身は長く、集弾性に貢献している。給弾方式も独特であり、半透明プラスチック製のマガジンを銃身の上に平行に装着する。弾丸はマガジン内では銃身と直交した状態で保持され、装填される直前に90度向きを変える仕組みとなっており、この独特の装弾手法が、サブマシンガンとしては画期的な50発という装弾数にも寄与している。 反面これまでの火器とは全く異なる装填方式は、スムーズなマガジンチェンジには事前の訓練を必要とし、取り扱いの簡易さという面ではデメリットとなっている。
左右持ち替えを考慮し、チャージハンドル、セレクタレバーはどちらからでも操作できるようになっている。また、排莢はフレーム下部に設定された排莢孔(エジェクション・ポート)から行う。
P90は、その外見のみならず使用する弾丸にも特徴があり、サブマシンガンとして一般的な既存の拳銃弾ではなく、小銃のカートリッジをそのまま縮小したような形状の、先端が尖った5.7mm×28の専用カートリッジ弾を使用する。
この5.7mm弾は小口径で、弾体の質量も軽量ではあるが、高初速で射出されその運動エネルギーを極めて狭い範囲に集中させることから、剛体に対してはライフル弾並みの貫通力を持ち、防弾ベストなどに用いられているケブラーなどの防弾繊維も貫通してしまう。テストの際は、150メートル先のケブラー製抗弾ベスト(追加のセラミック/鋼板プレートは無し)を貫通したと言われている。
弾丸の構造と比重などから人体などの軟体に着弾した際には弾丸が回転して「暴れる」ことにより体内に留まり、運動エネルギーの全てを対象内に解放することによって、単に貫通させるよりも大きなダメージを与えることができ、対象を無力化する能力、つまりマンストッピングパワーに優れているとされているが実戦でどう評価されているのかは未だ不明である。もう一つの利点として、ターゲット内で弾丸が停止することにより、跳弾やターゲットから貫通した弾丸による、主に人質などへの二次被害の防止に繋がっている。
カートリッジの火薬量が拳銃並みであり、弾頭重量も軽いため反動も少なく、本来戦闘を任務としない後方要員にも扱い易く、また、命中精度も高いという、サブマシンガンとしては画期的なシステムである。 FN社は5.7mm×28弾のリコイルは9mmパラベラム(恐らく一般的なフルメタル・ジャケット弾)と比較して60%程のリコイルに押さえているという。
システム全体の斬新さから採用する機関がまだ少ないこと、これによって消費される弾丸の絶対量が少ない事などを受けて弾丸の生産量そのものが少ない事など、専用弾を使用することによって得られる諸々のメリットは、そのまま既存の弾より割高なコストや、有事の際にも十分な供給を受けられるかといった欠点・不安に繋がっている。同じ弾丸を使用する姉妹拳銃としてFN Five-seveNが製造されている。
サブマシンガンとしてはその構造・威力ともに画期的な装備であることから、一部の創作作品などではアサルトライフルやカービンをも超越した超兵器的な描写などが行われた例もあるが、威力では決して既存のアサルトライフルを上回ってはおらず、また効力を最大限に発揮出来る状況もそもそも異なる。
実戦における使用例としては、在ペルー日本大使公邸占拠事件において、ペルー軍突入部隊の一部がこの銃を使用した。
この件に関しては、FN側からコマーシャル的な意味合いで無償で提供された、とも言われるが、真相は不明である。
人気の欲しいおもちゃを楽天で安く手に入れる。
タグ:FN P90

ステアーAUG

<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>



メーカー 東京マルイ
商品名 ステアーAUG
型 番 48
定 価 31,290 円
売 価 18,149 円
※この商品は未成年の方は購入できません

対応バッテリー ミニタイプ
こちらの商品は銃本体+標準マガジンのみとなります。
ご利用の際は別途バッテリー・充電器等をご用意ください。

ステアーAUGは、オーストリアのステアー・ダイムラー・プッチ社(当時)がオーストリア軍向けに開発したアサルトライフル(自動小銃、突撃銃)である。AUGはアーミー・ユニバーサル・ゲベール(Armee Universal Gewehr 軍用汎用小銃の意)の各頭文字から来ており市販名。
1977年ステアー社のstg58(FN・FALのライセンス生産品)の後継として、オーストリア軍歩兵用小銃に制式採用される。制式名stg77。SF的な外観を持つこの銃はそれまでの軍用銃と異なるいくつかの革新的試みがなされていた。

外観の最大の特徴は、マガジン(弾倉)をグリップ後方の銃床に配置した特徴的な姿である。これは作動機構をトリガー(引き金)より後におくブルパップ型にしたためである。
ブルパップ型の最大利点は銃身を短くすることなく銃を小型化できること。また薬室をグリップより後方に配置することにより反動が軽く命中精度の向上も期待できる。欠点としては、左利きの兵士が使用した際に排出された薬莢が顔に当たってしまうことが言われているが、AUGでは左利きの兵士用に薬莢の排出口を変更できるようになっている。
他のブルパップ型ライフルとしては、フランスのFA-MASやイギリスのSA80(L85)などが有名。
そのAUGをさらにユニークに見せているのが、強化プラスチックにより形成されたグリップ・銃床一体のボディである。それまで部分的にしか使用されなかったプラスチック部品を大幅に取り入れることにより、AUGは同じブルパップ型ライフルであるSA80などに比べ重量を軽くすることに成功している。
またマガジン(5.56mm NATO弾を2列(ダブルカラム)で30発装填)には半透明のプラスチックを使用しており、残弾確認のし易さに貢献している。
AUGの最大の特徴は銃全体が7個ほどのモジュール・パーツで構成されていることである。AUGはこのモジュール・パーツを交換することにより要求される様々な用途に応じた火器となり、兵士教育の短縮化・簡略化を可能としている。
銃身をピストル弾用に、ボルト機構をブローバック用に交換すれば短機関銃に、621mmの重銃身にバイポッド(二脚)、42発マガジンを取り付ければ軽機関銃相当の銃(分隊支援火器)になる。
このAUGにはセミ・フルオート切り替え用セレクタがない。その代わりにセミ・フルオート発射の切り替えが引き金の引き加減で出来るようになっている。
またグリップ前部には折り畳み可能なバーチカルグリップがついている。
2007年現在ステアー社はAUGの所有権を放棄しており、その後はナイフメーカーのマイクロテック社が所有権を買い取り、ボルトフォアードアシストを追加し各部分を改良したバージョンの生産・販売をしている。

人気の欲しいおもちゃを楽天で安く手に入れる。

トンプソンM1A1

<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>



メーカー 東京マルイ
商品名 トンプソンM1A1
型 番 64
定 価 37,590 円
売 価 21,803 円
※この商品は未成年の方は購入できません

ソフトエアーガン初、アウターバレル、アッパーフレーム等外装の80%を剛性の高い金属 <ダイカスト「黒染(くろぞめ)」仕上げ>で表現!これにより、まるで実物のような質感とトンプソン独特の形状や重量感の再現が可能に!
セレクターレバー、セフティレバーは実銃通り、セパレートにレイアウトされ、独立作動!
新開発「メカボックス・バージョン6」搭載、<EG-700ハイトルクモーター>採用!トンプソン独特の発射スピードを忠実再現
抜群の命中精度と射程距離を再現する、高性能<可変ホップシス

トンプソンM1は、1941年にアメリカ合衆国で開発された短機関銃である。愛称はトミーガン。

アメリカ合衆国における短機関銃の開発は当時、他国に比べると早い方である。原型は1910年代後半にアメリカの銃技師、ジョン・トンプソンにより最初の短機関銃の原型タイプが作成された。試験的に作成されたこの原型モデルの給弾方式は最初、ベルト給弾式であった。しかし機関部への異物の混入など不具合が多発し、ベルト給弾方式は早々に変更が加えられた。1919年に入りジョン・トンプソンはベルト式を箱型弾倉に改め開発し直したトンプソンM1928を開発し、アメリカ陸軍に売り込みを行った。しかし当時のアメリカ軍内では機関銃の威力をさげた短機関銃をあまり重要視せず、また量産性に難があったため大量配備には向かないと判断、試験的に約400丁あまりが購入されただけに終わった。
その分、民間用に市販されたM1928は販売に成功したといえる。銃身にフォアグリップが装着され安定した連射が可能になり、弾倉には箱形弾倉のほかに50発用のドラム弾倉も装着が可能であったこのモデルは、主に地元警察やFBI、沿岸警備隊にも販売された。またアメリカギャングの間でも販売され、ギャング同士の抗争ではドラム弾倉を装填したM1928が頻繁に使用された。その為、トンプソンM1928短機関銃には「市街戦のギャングの銃」という不名誉な俗称が付いてしまった。その独特の発射音から「シカゴ・タイプライター」(または「シカゴ・ピアノ」)の異名も持つ。

人気の欲しいおもちゃを楽天で安く手に入れる。

PSG-1

<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>



メーカー 東京マルイ
商品名 PSG-1
型 番 44
定 価 57,540 円
売 価 33,374 円
※この商品は未成年の方は購入できません

対応バッテリー AK/ミニタイプ
こちらの商品は銃本体+標準マガジンのみとなります。
ご利用の際は別途バッテリー・充電器等をご用意ください。

H&K PSG-1 (Präzisionsschützengewehr-1)は、独ヘッケラー&コッホ社が対テロ特殊部隊向けに同社のG3(G3SG/1)をベースに開発した、セミオートマチックの狙撃銃である。

開発の元となったのは1972年9月5日に発生したミュンヘンオリンピック事件である。この事件ではボルトアクション方式の狙撃銃を使用していたことによる次弾装填の遅れなどの欠点により人質となった9名のイスラエル選手全員及び警察官1名が死亡する惨事となってしまった。
この事件により西ドイツ政府は、銃器メーカー各社にセミオートの狙撃用ライフルの設計を依頼し、その結果、ヘッケラー&コッホ社のPSG-1が採用された。また当時、ワルサー社がWA2000を開発したが、PSG-1と同じく7000ドルと高価だった為採用には至らなかった(PSG-1が採用され始めた理由は不明である)。
元々オートマチックライフルは、ボルトアクション方式のライフルに比べ、構造が複雑で、命中精度が低下するため、狙撃ライフルには不向きであった。しかし、PSG-1はG3の中から特に命中精度の高いものを選び、これを基に、熟練した銃器職人が手作業で制作することで、セミオートマチックでの高い命中精度を実現した。
ストックは繊維強化プラスチック(FRP)で出来ており、射手の体格にあわせて、パッドなどのサイズ調節が可能になっている。
PSG-1は、ボルトアクション方式のライフルに比べて重量はあるが、複数の標的に対する対応が素早いという利点がある。

人気の欲しいおもちゃを楽天で安く手に入れる。

FA-MAS 5.56 F1

<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>



メーカー 東京マルイ
商品名 FA-MAS 5.56 F1
型 番 28
定 価 26,040 円
売 価 15,104 円
※この商品は未成年の方は購入できません

対応バッテリー ラージタイプ
こちらの商品は銃本体+標準マガジンのみとなります。
ご利用の際は別途バッテリー・充電器等をご用意ください

FA-MAS(Fusil d' Assaut de la Manufacture d' Armes de Saint-Étienne:ファマス、ファーマス)は、フランスのGIAT傘下のサン=テチエンヌ造兵廠が製造した第一世代のブルパップ方式突撃銃(アサルトライフル)。

フランス陸軍で1977年7月にMAS 49半自動小銃やMAT 49短機関銃の後継として制式採用した。その形状ゆえにフランス軍兵士からはClairon(クレロン)の愛称で呼ばれていた。クレロンとはビューグルのこと。日本ではビューグルが一般的でないためか、トランペットの愛称が広く知られている。日本国内でFA-MASについて記載している書籍の殆どが「トランペット」と紹介していることもあり、日本ではその愛称が半ば常識となりつつあるが、上記の通りフランス本国での愛称は「クロレン」であり、「トランペット」という呼び名は誤りである。
全長75.7cm、重量3.7kg。口径5.56mmで、大型のキャリングハンドル(兼サイト。この考えはM16系統やG36系統などと共通)と二脚を標準装備している。25発マガジンを使用するが、初期型のF1、ハンドガードがついたG1の他、1994年から製造されているG2バージョンからは30発NATO標準マガジンが使用できる。
携帯性の向上のために、銃身を縮めず全長の短縮が可能な、マガジンをグリップより後方に置くブルパップと呼ばれる構造を持つ。長い銃身と独自のディレード・ブローバック機構により、集弾性能は極めて高い。また、連射時に激しく動くボルトが支点であるストック内に格納されているため、連射時の安定性もよい。
傭兵の高部正樹によると、フランス人傭兵の多くがFA-MASを「実戦で使う銃ではない」などと酷評していたという。自国の生産物・製造物に強烈ともいえる愛着を持つフランス人が発した言葉だけに驚きを隠せなかった、と高部は語っている。
数々の短所を持つのは斬新な構造を採用した第一世代ブルパップ小銃の宿命であり評価こそ分かれるが、改良が重ねられた現在のFA-MASは採用後30年経った今でも第一線で活躍する銃であることは事実である。
オプションパーツとして3点バーストユニットが組み込めるようになっている。これはセーフティとは別の切り替えスイッチが用意され、ONにすることによりフルオートが3点バーストへと切り替わるようになっている。G2の1100rpmという高速回転である理由は、この3点バーストを反動による銃口移動が発生する前に撃ちきるためと言われている。普通アサルトライフルは700rpm近辺であり、1100rpmはサブマシンガンでもめったに無い。3点バースト機構を持つ拳銃であるM93RやVP70などは、いずれも高速回転となっている。
人気の欲しいおもちゃを楽天で安く手に入れる。

UZI SMG

<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>



メーカー 東京マルイ
商品名 UZI SMG
型 番 55
定 価 27,090 円
売 価 15,713 円
※この商品は未成年の方は購入できません

数ーの歴史の場面においてその名を馳せた名銃「ウージーサブマシンガン」。
電動ガンの第5のメカBOX「バージョン5」を搭載し、コンパクトでありながら激しいコイルショック(反動)を生みだす。
各部のディテールも、無可動実銃より採寸、設計された完璧なフォルムなど、新たに電動ガンシリーズの発展を予感させるモデルである。
対応バッテリー AKタイプ
こちらの商品は銃本体+標準マガジンのみとなります。
ご利用の際は別途バッテリー・充電器等をご用意ください。

ウージー(עוזי Uzi)は、イスラエルのIMI社(現 IWI社)製の短機関銃。イスラエル初の国産兵器として1951年に陸軍中佐ウジール・ガルが完成させ、1953年に量産開始。1956年の第二次中東戦争で活躍した。

砂漠戦闘を意識し、発射機構には構造が簡易なオープンボルトファイヤー方式を採用、本体にはプレススティールを多用し、高い信頼性と生産性を実現している。
設計はチェコのVz26サブマシンガンを参考にしているが、筒型レシーバーではなく堅牢性の高い箱型レシーバーを採用しているので面影はそれほど残っていない。当初は木製銃床が装備されていたが、すぐに鋼鉄製の折り畳み式になり、パイロットや車輌搭乗員にも使いやすいデザインとなった。
全長は47センチとコンパクトだが重量は約4kgもあるため、その重量のおかげで却ってフルオート射撃中のコントロールが容易である。使用弾薬は一般的な9mmパラベラム弾だが、.45ACP弾を使用するモデルもある。装弾数はマガジンによって20、25、32、50発がある。
その優れた性能は旧西側で高く評価され、西側で最も多く使われる短機関銃の一つとなった。ドイツ連邦軍では、コッキングハンドルの大型化・ダストカバーの追加を行った改良型であるMP2としてライセンス生産された(ただし、対ユダヤ人補償事業の一環という説もある)。アメリカのSWATでも使われたことがあり、レーガン大統領暗殺未遂事件の際にはシークレット・サービスが背広の下に隠し持っていた事は有名である。世界的に普及して部品の調達が容易な事もあって、シリア、レバノンなどのイスラエルと対立するアラブ諸国の特殊部隊や情報機関においても使用されているといわれる。さらに中国でも民間向けのカービン型デッドコピーが生産され、輸出されている。また短機関銃としてはめずらしく、バヨネット装着用のラグを備える。
バリエーションとしては16インチバレルを装備したカービンタイプ、小型化し、発射速度を上げた「ミニウージー」、更に小型化し、クローズドボルトファイヤー化した「マイクロウージー」、マイクロウージーをセミオートのみにした「ウージーピストル」がある。

人気の欲しいおもちゃを楽天で安く手に入れる。

AK47 フルストック

<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>



メーカー 東京マルイ
商品名 AK47 フルストック
型 番 22
定 価 33,390 円
売 価 19,367 円
※この商品は未成年の方は購入できません
対応バッテリー ラージタイプ
こちらの商品は銃本体+標準マガジンのみとなります。
ご利用の際は別途バッテリー・充電器等をご用意ください

AK-47(アフトマート・カラーシニコフ-47、アブトマット・カラシニコフ-47;ロシア語:Автомат Калашникова образца 1947 годаアフタマート・カラーシュニカヴァ・アブラスツァー・トィースャヂ・デヴィツソート・ソーロク・スィディモーヴァ・ゴーダ:「カラシニコフの1947年型自動小銃」;ラテン文字転写:Avtomat Kalashnikov-47)は1947年にソビエト軍が制式採用した歩兵用突撃銃、アサルトライフル。本稿ではその派生モデルについても記述する。

ミハイル・カラシニコフを筆頭に開発が行われたため、カラシニコフの名が冠されている。AK-47から発展した銃を総称してカラシニコフ銃、カラシニコフ突撃銃と呼ぶこともあるが、AK-47はその中で最も初期の銃である。ドイツ軍の開発したアサルトライフル、MP43、MP44(StG44)などに影響を受けて開発されたと言われているが、使用弾薬や外見のレイアウト(銃身上のガスチューブ、箱型弾倉、ピストルグリップの組み合わせ)はともかくボルトまわりの内部構造は全く異なっている。開発者のカラシニコフはアームズマガジンのインタビューで、アメリカからの援助兵器であるM1ガーランドからヒントを得たと語っている。

人気の欲しいおもちゃを楽天で安く手に入れる。

ナイツ SR-16 M4

<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>



メーカー 東京マルイ
商品名 ナイツ SR-16 M4
型 番 66
定 価 41,790 円
売 価 24,239 円
※この商品は未成年の方は購入できません

対応バッテリー ラージタイプ
こちらの商品は銃本体+標準マガジンのみとなります。
ご利用の際は別途バッテリー・充電器等をご用意ください。

M16はユージン・ストーナーによって開発されたアメリカ軍の小口径アサルトライフル(自動小銃、突撃銃)である。商品名はAR-15でM16はアメリカ軍制式採用名称。

M16はフェアチャィルド社のアーマライト事業部が開発した7.62mm口径のAR-10を5.56mm用にサイズダウンしたものである。この小型化は当初アジアや南米の親米政権諸国向けの援助武器として、小柄な人種でも扱いやすいように考慮した結果である。その後コルト社が製造権を得て、アメリカ軍に提示し、小口径アサルトライフルとして初採用された。従来のM14ライフルから小口径化することにより、兵士一人当たりの携行弾数を大幅に増加させることに成功した。
M16が採用した小口径弾、アルミ合金製の本体という開発当時としては斬新な設計思想は、その後多くの国やメーカーに影響を与え、M16のコンセプトに倣ったアサルトライフルが現代の主流になっている。
M16はコルト社や同社の委託でGM社やH&R社が生産しアメリカ軍に納入していたが、コルト社の経営危機により製造権がアメリカ政府に移り、現在ではFN社が主に生産している。コルト社はM4を受注しているものの国内では生産しておらず、カナダ・コルト(米国コルト社に買収された旧ディマコ社)がM16A2に相当するC7と、M4カービンに相当するC8を生産し、制式採用しているカナダ軍に納入している。

人気の欲しいおもちゃを楽天で安く手に入れる。

MP5 SD5

<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>



メーカー 東京マルイ
商品名 MP5 SD5
型 番 68
定 価 28,140 円
売 価 16,322 円
※この商品は未成年の方は購入できません

対応バッテリー ラージタイプ
こちらの商品は銃本体+標準マガジンのみとなります。
ご利用の際は別途バッテリー・充電器等をご用意ください。

H&K MP5とは、ドイツのヘッケラー&コッホ (H&K) 社が対テロ特殊部隊向けに、同社のHK31(G3)の製造技術を用いて1960年代に開発したサブマシンガンである。ドイツ語では Maschinenpistole 5(「5号機関拳銃」の意)と呼ばれ、この略号が MP5 となる。最初はHK54と呼ばれていた。

1950年代、軍備の近代化を図ったドイツはベルギーの FN 社に同社の FAL をライセンス生産したいと要請したものの FN 側はドイツの再軍備を恐れ、これを拒否した。そこで第二次大戦後、スペインのセトメ社に招聘されて自動小銃の開発を行っていたドイツ人技術者たちがH&K社を設立し、セトメ社製自動小銃を基とするG3ライフルを開発した。 このG3ライフルのローラーロッキングシステムを元に、拳銃弾を使用するサブマシンガンとして開発されたのがMP5シリーズであり、銃身や銃床の交換によるモデルチェンジの容易さなど、共通の設計思想を持っている。 MP5 登場以前の短機関銃は、携行性と信頼性は高かったものの命中精度は低く、近距離戦で弾幕を張ってこれを補う性格の火器だった。しかしMP5は、当時多くのサブマシンガンで採用されていたオープンボルト方式ではなく、ボルトを閉鎖した状態で発砲するクローズドボルト方式とローラーロッキングシステムを取り入れたことで銃自体の振動が抑えられ、フルオートマチック(連射)時のコントロールが容易となった。このおかげで命中精度が向上し、それまでのサブマシンガンとは一線を画す銃器となった。しかし高性能ゆえに高価で、部品数が多いため綿密な整備が不可欠で、泥や砂に弱いことから、戦場などでは信頼性が低いのが難点とされた。その上に拳銃弾を撃つのには大袈裟すぎると言う事で過剰性能と揶揄され、製造当初は必ずしも高い評価はされず、登場当時の配備は、西ドイツの部隊が中心となり、輸出も少数であった

人気の欲しいおもちゃを楽天で安く手に入れる。

自衛隊89式小銃

<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>



メーカー 東京マルイ
商品名 自衛隊89式小銃
定 価 49,140 円
売 価 31,941 円
※この商品は未成年の方は購入できません

金属製パーツを多用しリアルな外見と実銃に近い重量を実現。
新型メカボックス採用でセミ・フル・3点バースト射撃可能。

対応バッテリー AKタイプ
こちらの商品は銃本体+標準マガジンのみとなります。
ご利用の際は別途バッテリー・充電器等をご用意ください。

89式5.56mm小銃(はちきゅうしきごうてんごうろくみりしょうじゅう)は、64式7.62mm小銃の後継として豊和工業が開発した5.56mm口径のアサルトライフル(自動小銃)である。自衛隊で1989年から配備・使用されている。また、海上保安庁や警察のSAT(特殊急襲部隊)でも配備・使用されている。

歩兵用小銃は、1970年代後半より、有効射程が短くなるものの携行弾数を増加できるという利点を重視し、アメリカ軍のM16など小口径高速弾を使用するものが主流となった。日本でもこの流れに追随し、また同盟相手であるアメリカとの弾薬共有の面から64式小銃の7.62mm×51準拠の減薬弾よりも小口径で、NATOの新標準弾薬である5.56mm×45(SS109)に近い弾薬とその弾倉(マガジン)を使用する事が可能な、次世代自動小銃の開発を開始した。
開発はM16の姉妹銃とも言えるAR18アサルトライフルやその民間版のAR-180のライセンス生産を行った実績のある豊和工業が担当した。開発と並行して自衛隊にはAR-18が試験配備されデータが収集された。同社によるHR-10、HR-11、HR-13の試作ライフル開発を経て、最終型であるHR-15試作ライフルは試験配備後にHR-16(HR1604)の正式名称が与えられ1989年に89式5.56mm小銃として制式採用された。

人気の欲しいおもちゃを楽天で安く手に入れる。

H&K MP7A1 フルセット

<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>



H&K MP7A1 フルセット

メーカー 東京マルイ
商品名 H&K MP7A1 フルセット
型 番 CM-01
定 価 30,240 円
売 価 19,800 円
※この商品は未成年の方は購入できません

H&K MP7は、ドイツのヘッケラー&コッホ社がベルギーのFN社のP90に対抗する事を目的に開発した、PDWである。発表当初は「PDW」という名称であったが、後に現名称になった。

MP7の開発は1990年代に始まる。当時アメリカは防弾ベストの着用が一般的になった戦場でピストル、ピストル弾薬に代わる兵器、つまりPDWを検討するプログラムを行っていた。また、NATO諸国でも同様のプログラムがスタートしていた。
これらのプログラムにFN社はP90を提出したが、当時同様の兵器を開発していなかったH&K社はMP5Kサブマシンガンをベースにショルダー・ストックを追加したMP5K-PDWを提出した。しかし、従来のピストル弾薬を使用するMP5ではプログラムの要求に対して不十分であり、このことからP90に危機感を持ったH&K社は同社のMP5やUMPとは全く異なるコンセプトの兵器を開発することになる。 1999年に一般公開。
2000年に将来的に発展改良することを前提にドイツ軍に仮正式兵器に選定され、MP7の制式名称を与えられる。
人気の欲しいおもちゃを楽天で安く手に入れる。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。