<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>

TOMYプラレール J-06 江ノ電鎌倉駅

<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>


TOMYプラレール
J-06 江ノ電鎌倉駅



プラレールの情景部品
レール部品の規格を基本に、プラレールの世界にも実物と同様、橋・踏切・駅・信号機・車庫などの建造物を模倣した情景部品が存在する。電車の動きに合わせて遮断機が下りたり音が鳴ったり電車が止まったりするものもあり、プラレールの世界を彩っている。

材質はプラスチックであり、子供が手荒く扱っても壊れにくいものとなっているが、はね橋や踏切など機構上レールより破損しやすいものも少なくない。

多くは単品で発売されているが、単品の色違いや車両基地・高架駅・ドームステーションなど大きな情景品はセット品のみの場合が少なくなく、コレクターも入手・金銭の工面・収納に苦労することが多い。



人気の欲しいおもちゃを楽天で安く手に入れる。

まがレールかんたんレイアウトセット

<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>
まがレールかんたんレイアウトセット
くねくね曲がる『まがレール』で、レールレイアウトも自由自在!
セット内容
・音入り踏切:1個 ・R-01直線レール:2本
・R-03曲線レール:2本
・R-23まがレール:3本



TOMYプラレール
まがレールかんたんレイアウトセット



プラレールのレール部品は発売当初から基本的な設計は変わらず、過去のレール部品と現行のレール部品でもほぼ問題なく接続できる。接続面は凸と凹の形をしており、小さな子供でも苦労せずに接続できる工夫がされている。例外としてUターンレール専用の曲線レールの接続面はΩ状の形を、イギリスで発売されている機関車トーマスシリーズの転車台専用の直線レールの接続面は◇ 状の形をしている。

過去に1/2直線レール、1/4直線レールの規格にも合わない半端な長さのレール(ジョイントレール)が存在していた他、曲線半径が現在の複線外側曲線レールよりも大きいレール(大曲線レール)、レールと橋脚が一体となっていて、ブロック橋脚を使うニュー坂レールとは高さが合わないレール(大橋レール)などがあった(現在、これらのレール部品は改良され、ジョイントレールは1/4直線レールに、大曲線レールは複線外側曲線レールとなった。大橋レールは生産終了、絶版となる)。

基本となるレール部品は曲線レールと直線レールで、一部の例外を除きほぼ全てのレール、情景部品がこのレール部品を基本としている。ターンアウトレールがその最たる例で、直線レールと曲線レールを合わせた形になっている。

現在材質は軟質プラスチックを使用しており、子供が手荒く扱っても壊れにくいものとなっている。

レールの色は青が基本であるが、一部セット品には他の色のレールも存在する。[例:ハローキティドリームトレインセット、ピンク色] 以前はジャスコ限定で赤・緑・黄・白のレールが売られていた。現在でもプラレール博など各種イベントなどでもスケルトンや各種カラーレールを売っている場合がある。
人気の欲しいおもちゃを楽天で安く手に入れる。

限定車両!京浜急行電鉄 羽田空港駅開業記念モデル

<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>
京浜急行電鉄
東京の品川から三崎口、浦賀までを走る私鉄電車です。
平成10年11月18日に羽田空港駅が開業し、品川〜羽田空港間を最速14分で走行します。
単2乾電池1本使用(電池は別売りです。)



TOMYプラレール限定車両!
京浜急行電鉄 羽田空港駅開業記念モデル



プラレールの車両は3両編成が基本である。

主に新幹線車両や在来線特急、私鉄の花形特急を商品化しているが、ここ近年はJR・私鉄の通勤型車両、機関車や貨車の種類も増えつつある。前述の少子高齢化以外に成形技術向上によりリアリティが増したためか「大人向け」と思われるものも近年増えてきた。

動力源は単二乾電池(一部車両は単三乾電池)で、電池によってモーターを回し、幾つもの歯車を伝って動力車後輪を回転させるいわば「後輪駆動」である。走行させるためのスイッチは動力車屋根右側に飛び出す様な形で存在する。スイッチを切っている時は手転がしで遊ぶことが出来る構造である。この機構は誕生当時からあったわけではなく、1987年に登場した(1987年以前のものは動力車正面下部にあり、手転がしで遊ぶことは出来なかった)。

2000年代になってからは、従来よりも牽引力のある「ハイパワーモーター」を搭載した機関車やサウンドユニットを組み込んだ車両も登場し、「10両編成以上の長大コンテナ貨物列車」や、「本物さながらの音を出しながら走る通勤電車」などが当たり前になりつつある。

そのほか、鉄道会社の委託等によって特定の場所、イベントでしか販売されない車両(限定品)も存在する。
人気の欲しいおもちゃを楽天で安く手に入れる。

つくばエクスプレス高架レイアウトセット

<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>
プラレールは1959年(昭和34年)からトミー(現タカラトミー)より販売されている鉄道玩具である。また、姉妹品として、ダイキャスト製の自動車玩具トミカが、1970年より販売されている。



TOMYプラレール つくばエクスプレス高架レイアウトセット



「青いプラスチック製のレールの上を単2乾電池1本で走る3両編成の列車」が製品の基本構成である(一部この原則に当てはまらないもの(1・2・4両)も発売されている他、セット品で6・7両編成も発売されている)。

鉄道の好きな子供を対象として作られているが、子供に買い与える世代となった親が再び収集・改造などを行うような場合も見られ、ネット上には多数のファンサイトが存在する。そのうえに少子高齢化の流れの中、タカラトミーにしても販路を拡大するため、名鉄モ510形電車のような「大人向け」車両を出すようになったといわれている。

国鉄時代に比べJR各社が様々な車両を発表していることもあり、発売される車種も増加している。又、音、ライトの点灯、カメラなどを取り付けた車両を登場させるなど、エレクトロニクスの進化に合わせてさまざまな新機能が搭載されている。

実在する車両の玩具だけでなくきかんしゃトーマスシリーズもある。プラレールのほかにカプセルプラレールもあり、こちらはトミーの子会社であるユージンが発売している。

また、プラレール博というイベントが主要都市で開催されることがある。イベント記念品など発売されたり、会場で遊ぶことが出来る。
人気の欲しいおもちゃを楽天で安く手に入れる。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。