<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>

超合金 魂SPEC XS-02 SPTレイズナー

<<人気のおもちゃランキング<<>>欲しいおもちゃランキング>>



魂SPEC XS-02 SPTレイズナー


(魂SPEC XS-02 SPTレイズナー)
超合金シリーズで培った技術で、リアルロボットトイのギミック、スタイルを追求した完成品ロボットトイシリーズ、“魂SPEC”。第二弾は「蒼き流星SPTレイズナー」より、主役機であるSPTレイズナー。
全身の可動はもちろん、コクピットはキャノピー開閉を再現するなど、細部までこだわりのギミックを追加。さらにパーツ組み換えにより、「レイズナー」から「ニューレイズナー」へと換装可能。また、最大の特徴として、ディスプレイスタンドに内蔵された音声ギミックにより、[ナビゲーターボイス“レイ”音声] や[劇中効果音]が再生可能となっています。


まだまだあるよ!バンダイの超合金

V-MAX

V-MAXとは、SPTにおける特殊自己防衛プログラム及びそれに伴う非常時高速戦闘システムの名称である。元々は、戦域から緊急離脱し、自機の安全を確保することを第一の目的に開発された特殊機能であった。そのため、発動時には全身のスラスターがフル稼働し、機体の出力が格段に跳ね上がる。レイズナーが発射したカーフ・ミサイルを自ら追い抜き、手前のスカルガンナーをナックル・ショットで排除した後、奥のスカルガンナーにミサイルを命中させるといった、離れ業とも言える高機動戦闘も可能となる。また、バリアの役目をする電磁波とLCMパウダーとで全身が覆われるため、それを生かした体当たり攻撃などを行うことも出来た。しかし、莫大なエネルギーを使用するため発熱量が非常に高く、発動後、機体は強制的に放熱体勢に入る。その間は全く身動きが取れない。物語当初は実験段階であり、一部の次期発展型の試作機に試験的に搭載されていた(レイズナーがその搭載第1号機であった)が常識を超えた機動にパイロットが対応できずシミュレーションや搭乗訓練段階での死亡あるいは負傷事故が続出したため、その機構は凍結され、レイにもその存在を認識されていなかった。だが、ゴステロやゲイルの攻撃から自機を守るため、フォロンの手により閉鎖回路が解除され強制的に発動。その後、フォロンからレイに機能が委ねられ、エイジの自由意志で発動させることが可能となった。



人気の欲しいおもちゃを楽天で安く手に入れる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。